フランクフルトは21日、PSVのオランダ代表DFイェトロ・ヴィレムス(23)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は2021年までの4年間。移籍金は非公開となっている。

2011年にスパルタ・ロッテルダムからPSVに加入したヴィレムスは、高い身体能力と攻撃センスを武器に6シーズンに渡って同クラブの主力に定着。2016-17シーズンは公式戦32試合に出場し、2ゴール3アシストの数字を残していた。

また、18歳でデビューを飾ったオランダ代表では、ここまで22試合に出場している。