スポルティング・リスボンは21日、アルゼンチンのラシン・クラブからアルゼンチン代表MFマルコス・アクーニャ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年。移籍金は960万ユーロ(約12億4000万円)となり、契約解除金は6000万ユーロ(約77億8000万円)に設定された。

アクーニャは、左サイドを主戦場に2列目の複数ポジションをこなす左利きのアタッカー。2014年から在籍していたラシンでは、公式戦92試合に出場し15ゴール21アシストの数字を残していた。

2016年12月に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のコロンビア代表戦では、アルゼンチン代表デビューを飾っていた。