ウニベルシダ・チレは21日、ジェノアを退団したチリ代表FWマウリシオ・ピニージャ(33)がフリートランスファーで加入したことを発表した。

プロキャリアをスタートした古巣に10年ぶりの復帰を果たしたピニージャは、クラブ公式ツイッターで復帰の喜びを語った。

「とても幸せな気分だよ。ここ数年に渡って思い描いていたこのクラブへの復帰という夢をようやく実現することができた」

これまでパレルモやカリアリ、アタランタを渡り歩いてきたピニージャは、今年1月にイタリア代表FWレオナルド・パヴォレッティがナポリに旅立った古巣ジェノアに買い取り義務付きのレンタル移籍で復帰。昨シーズンは同クラブでリーグ戦12試合に出場したものの、ノーゴールに終わっていた。