浦和レッズは22日、「ファン・サポーターのみなさまへ」と題し、異例の声明を発表。ファン・サポーターへの自重を呼びかけた。

浦和の発表によると、先日からツイッター上を賑わせている上西小百合衆議院議員の公式ツイッターアカウントから、浦和レッズファンを名乗る方が上西議員の事務所を訪れたとのツイートがあったとのこと。上西議員は、その後「くたばれレッズ!」ともツイートしていた。

浦和は「現時点で事実かどうかはわかりませんが、浦和レッズとしましては、上記の事務所に行かれた方が、浦和レッズのファンであっても、なくても、この時点では関われる案件ではございません。警察から捜査協力など要請がございましたら、十分に協力させていただきます」と声明を発表している。

ドルトムントとの明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017以降、物議をかもすツイートを続けている上西議員。浦和はこれまでの経緯を踏まえながら、「ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、心情は十分にお察ししますが、こうした動きに反応することは、浦和レッズはもちろんのこと、Jリーグやサッカー界、スポーツ界にとってもマイナスになりますので、ぜひ自重いただきますよう、お願い申し上げます」と注意喚起している。