藤枝MYFCは23日、ロアッソ熊本からDF薗田淳(28)が期限付き移籍で加入することを発表した。

これまでに川崎フロンターレや北海道コンサドーレ札幌でプレーしてきた薗田は、2016シーズンに熊本でリーグ戦14試合に出場して1得点を記録。2017シーズンはここまで出場機会がなかった。

薗田は双方のクラブ公式サイトで以下のコメントを残している。

◆藤枝MYFC
「藤枝MYFCサポーターの皆さん、はじめまして。高校時代に多くの試合を戦ったここ藤枝でプロサッカー選手としてプレー する事が不思議な気持ちであり幸せな気持ちです。それと同時にこのタイミングでの加入という事で責任を感じます。 一つでも多くの試合に出て、チームを勝たせられる選手に成長できるよう普段のトレーニングから頑張りますので応援よ ろしくお願いします」

◆ロアッソ熊本
「スポンサー様、サポーターの皆さん。試合運営に関わるボランティアの皆さん。クラブのスタッフ、チームメート。バスの運転手さん。ロアッソ熊本に関わる皆様。様々なかたちで支えていただき、ありがとうございました」

「今シーズンを迎える際に覚悟を持ってこの熊本に戻ってきました。ただ過ごした半年はとても苦しい時間になりました。そんな中でも皆さんから元気やパワーをもらい、今現在復帰し、進化していくチームと共にこれからまたプレーすることで、この苦しんだ半年の全てをぶつけて恩を返していこうと思っていました。ただ、年齢やサッカー選手寿命を考えると、この先プレーできている時間の全てが貴重で、今もらったチャンスを大切にしたいと思い、このような決断をさせていただきました。これからも自分はまわりにいかされているという気持ちを忘れず、謙虚に厳しく前に進んでいきます」

「熊本地震によって厳しかった昨シーズンは、皆さんの支えなくして戦い抜くことはできませんでした。それはクラブにとって大きな経験でした」

「更に成長するためにどんな時も皆さんがクラブを支えてください!改めて1年半、ありがとうございました」