WBAがマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFクリス・スモーリング(27)の獲得に向けて動き出すようだ。イギリス『エクスプレス』が『デイリー・スター』を引用して報じている。

2010-11シーズンにフルアムからユナイテッド入りしたスモーリングは、昨シーズンのプレミアリーグ18試合に出場。度重なるケガの影響で不安定なシーズンを送ったこともあり、ユナイテッド退団の可能性が取り沙汰されているところだ。

伝えられるところによると、そのスモーリングに対して、WBAが獲得に向けて1000万ポンド(約14億4000万円)を準備している模様。同クラブは昨シーズンの終了時から関心を寄せており、チームの守備強化に注力しているとのことだ。

同メディアによると、レスターやクリスタル・パレスといったプレミアクラブも現在、スモーリングの獲得に興味を示している。そのため、同選手と契約するためには迅速に行動しなくてはいけないと見解を示している。