バルセロナのOBであり、クラブのアメリカでのプレシーズンツアーのアンバサダーでもある元フランス代表のティエリ・アンリ氏が、バルセロナへの想いを語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

アンリ氏は2007年から2010年までの3シーズンの間、バルセロナに在籍し公式戦121試合49得点を記録。8度のタイトル獲得に貢献した名選手だ。23日にインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・アメリカラウンドで、バルセロナがユベントスに2-1で勝利した後、アンリ氏がインタビューに応じた。

「もしバルセロナを理解している人物がいるとしたら、それはバルベルデ(監督)だ。彼は上手くやっているが、チーム側も寛容になり、手助けをするべきだ」

「レオ(リオネル・メッシ)は少し変化しているように思う。今では、より多くのアシストをするようになった。他の選手のために彼が何をしているかについて、世間は話題にしないけどね」

また、「バルセロナとは何か」と問われたアンリ氏は、クラブへの賛辞を惜しまずに語った。

「バルセロナはとても特別だ。あそこでプレーをしていた時は、クラブを超えた(特別な)場所だと実感した。みんな、去る時に理解することになるんだ。」

「これが試合だ、これがゴールだ、これがファンだ、これがカンプ・ノウだ、それが全てだ。フットボールが好きということはバルセロナが好きということだ。」

「もし(バルセロナと)契約すれば、あそこがプレッシャーに満ちていることを知り、じっと我慢することになる。信じられないくらい素晴らしい場所だよ」