欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリーに対し、2試合の追加出場停止処分を科した。

バイリーは昨季のヨーロッパリーグ準決勝2ndレグのセルタ戦で、FWヨン・グイデッティを殴って一発退場を宣告されていた。そのバイリーは決勝のアヤックス戦を欠場して1試合の出場停止処分を消化していたが、今回の聴聞会によって新たに2試合の出場停止処分が追加された。

この結果、8月8日に行われるレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップと、チャンピオンズリーグのグループステージ初戦を欠場することが決まった。