ベジクタシュは24日、ガジアンテブスポルからU-21トルコ代表MFオルカン・チュナル(21)を獲得したことを発表した。契約期間は明かされていないものの、『トランスファーマーケット』によると2022年までの5年契約となるようだ。

ドイツ出身のチュナルはヴォルフスブルクの下部組織育ちで、2015年夏にトルコのガジアンテブスポルに完全移籍。2016-17シーズンはケガによる離脱もありながらも、チームの10番を背負い公式戦21試合に出場。3ゴール1アシストの記録を残した。

右ウイングや右サイドハーフを主戦場とするナチュルは、得意の左足でカットインし、クロスやシュートに繋げるプレーを得意としている。また、各年代の代表にも選ばれているチュナル。U-21トルコ代表ではキャプテンを任されるなど、国内でその評価を高めている。