Jリーグは25日、V・ファーレン長崎が2015シーズン開幕から2017シーズン第6節までのホームゲームにおいて入場者数を上乗せしていたことを発表した。今回の制裁は、けん責(始末書をとり、将来を戒める)と制裁金300万円となる。

制裁の理由としては、Jリーグ規約に違反することやJリーグ全体の信頼を失墜させる行為であったことを挙げている。詳細は以下の通り。

◆V・ファーレン長崎 公式試合入場者数発表上乗せの件
【制裁の種類および内容】
1.けん責 (始末書をとり、将来を戒める)
2.制裁金 300万円

【適用条項】
1.『Jリーグ規約』第141条〔チェアマンによる制裁および調査〕第1項
2.『Jリーグ規約』第142条〔制裁の種類〕第1項第1号・第2号

◆違反行為の内容
1.V・ファーレン長崎は、2015シーズン開幕から2017シーズン第6節までのホームゲーム全46試合中45試合において、入場者数を、少なく見積もって約20,000人上乗せして発表していた。

2.具体的には、入場者実数を発表すべきものを、運営関連スタッフや入場券を持たない無料観客等を、入場者数に上乗せして発表していた。

◆制裁理由
1.上記違反行為は、入場者数算定方法を定めた『明治安田生命J1・J2・J3リーグ戦試合実施要項』第39条〔公式記録〕第3項・第4項に基づかない算定方法であり、『Jリーグ規約』第36条〔スタジアムにおける告知等〕第1項第7号の違反となる。

2.Jリーグ開幕当初より入場者実数の発表を行うことにより、透明性を保つことで、スポンサーやファン・サポーター等の信頼を得てきたことを勘案すると、Jリーグ全体の信頼を失墜させる行為である。

3.入場者数の上乗せは、2015シーズン当初から2017シーズン第6節まで足掛け3年にわたって継続しており責任は決して軽くない。

4.一方で、最終的には内部調査に基づく自己申告であること、入場者数算定ルールに関する担当者の認識不足によるものであること等も勘案し制裁内容を決定した。

◆2015シーズン
(正しい入場者数/公表済み公式入場者数/差分)
3月8日
第1節vs千葉
(5,404名/5,501名/97名)

3月21日
第3節vs北九州
(3,754名/4,043名/289名)

3月29日
第4節vs東京V
(3,446名/3,730名/284名)

4月5日
第6節vs栃木
(2,858名/3,130名/272名)

4月26日
第9節vs大分
(5,560名/5,882名/322名)

5月3日
第11節vs岡山
(3,389名/3,683名/294名)

5月9日
第13節vs徳島
(3,130名/3,424名/294名)

5月24日
第15節vs愛媛
(3,105名/3,405名/300名)

6月14日
第18節vs磐田
(5,720名/6,062名/342名)

6月28日
第20節vs福岡
(4,841名/5,193名/352名)

7月4日
第21節vs大宮
(4,629名/6,029名/1,400名)

7月12日
第23節vs京都
(2,893名/3,580名/687名)

7月22日
第25節vs群馬
(2,289名/2,994名/705名)

8月1日
第27節vs横浜FC
(6,496名/6,994名/498名)

8月8日
第28節vs札幌
(8,854名/10,184名/1,330名)

8月23日
第30節vs讃岐
(3,630名/4,004名/374名)

9月23日
第33節vs金沢
(3,727名/4,014名/287名)

10月4日
第35節vs熊本
(5,250名/5,554名/304名)

10月18日
第37節vs岐阜
(5,325名/5,726名/401名)

10月25日
第38節vs水戸
(5,042名/5,482名/440名)

11月14日
第41節vsC大阪
(7,962名/8,339名/377名)

合計
(97,304名/106,953名/9,649名)

◆2016シーズン
(正しい入場者数/公表済み公式入場者数/差分)
3月6日
第2節vs清水
(6,286名/6,286名/0名)

3月26日
第5節vs熊本
(4,146名/5,029名/883名)

4月3日
第6節vs松本
(3,702名/4,072名/370名)

4月29日
第10節vs横浜FC
(5,254名/5,729名/475名)

5月7日
第12節vs岡山
(3,564名/4,015名/451名)

5月15日
第13節vs山形
(4,057名/5,115名/1,058名)

5月28日
第15節vs千葉
(4,826名/5,762名/936名)

6月8日
第17節vsC大阪
(5,388名/6,342名/954名)

6月19日
第19節vs群馬
(3,703名/4,084名/381名)

7月10日
第22節vs岐阜
(7,901名/9,048名/1,147名)

7月16日
第23節vs東京V
(4,146名/4,741名/595名)

7月31日
第26節vs町田
(4,433名/5,009名/576名)

8月14日
第29節vs金沢
(3,413名/4,315名/902名)

8月21日
第30節vs愛媛
(4,850名/5,769名/919名)

9月7日
第8節vs水戸
(2,294名/2,692名/398名)

9月18日
第32節vs札幌
(6,615名/7,298名/683名)

10月2日
第34節vs徳島
(3,687名/4,046名/359名)

10月23日
第37節vs山口
(4,536名/4,617名/81名)

11月3日
第39節vs北九州
(6,089名/6,526名/437名)

11月12日
第41節vs讃岐
(3,194名/3,723名/529名)

11月20日
第42節vs京都
(5,041名/5,509名/468名)

合計
(97,125名/109,727名/12,602名)

◆2016シーズン
(正しい入場者数/公表済み公式入場者数/差分)
2月26日
第1節vs群馬
(4,394名/4,743名/349名)

3月5日
第2節vs横浜FC
(5,551名/6,023名/472名)

3月18日
第4節vs金沢
(3,193名/3,811名/618名)

4月2日
第6節vs山形
(3,718名/4,261名/543名)

合計
(16,856名/18,838名/1,982名)

◆差分の合計
24,233名