バーンリーは25日、ストーク・シティから元スコットランド代表DFフィリップ・バーズリー(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。

マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身のバーズリーは、2008年にサンダーランドへ完全移籍。その後、2014年からストークに加入した。右サイドバックと左サイドバックを主戦場とする同選手は、在籍3年間で公式戦63試合に出場し2ゴールを挙げていた。

また、2010年にデビューを飾ったスコットランド代表では通算13試合に出場している。

なお、バーンリーは先日、アイルランド代表FWジョナサン・ウォルタース(33)を獲得しており、バーズリーはストークから今夏2人目の補強となった。