バイエルンは25日、スペイン代表DFフアン・ベルナトが左足首の手術を行い、無事成功したことを発表した。

ベルナトは、22日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2017のミラン戦で競り合いの際に負傷し、前半31分に負傷交代を強いられた。その翌日にプレシーズンツアーから離脱した同選手は、ミュンヘンで行われた最初の診察で、左足首のじん帯結合部の損傷と診断され、24日にマルクス・ヴァルター医師の執刀の下、同箇所の手術を受けた。

なお、ドイツ『シュポルト1』の伝えるところによれば、ベルナトの離脱期間は2、3カ月と見込まれており、シーズン序盤戦を欠場することになるようだ。