チャンピオンズリーグ(CL)予備予選3回戦1stレグの6試合が25日に行われた。

セルビア王者パルチザンとギリシャ王者オリンピアコスの一戦は、アウェイのオリンピアコスが3-1で先勝した。開始6分にボックス右に侵入したマリンの短い折り返しに反応したベン・ナボハネがそのままゴール前に持ち込んでオリンピアコスが先制に成功。その5分後にタワンバにゴールを決められ、試合は1-1のイーブンで前半を終える。だが、主導権を渡さないオリンピアコスは後半立ち上がりの56分にボックス右に持ち込んだベン・ナボハネがカットインから見事な左足のコントロールシュートをファーポストに流し込み、勝ち越しに成功した。その後、安定した守備で相手の反撃を凌ぐギリシャ王者は、後半アディショナルタイムにもカウンターから途中出場のエメニケがトドメの3点目を奪い、ホームでの2ndレグを前に大きな勝利を収めた。

リーグ上位ルートでの出場となったAEKアテネ(ギリシャ)vsCSKAモスクワ(ロシア)は、アウェイのCSKAモスクワが2-0で先勝した。前半終了間際に右CKの流れからファーサイドでヴァシンが折り返したボールをエースのジャゴエフが頭で流し込み先制したCSKAモスクワは、後半立ち上がりの56分にも再び右CKからキッカーのヴィチーニョのアウトスウィングのクロスをファーのウェルンブルームが頭で合わせ、追加点を奪取。セーフティーリードを奪ったアウェイチームは、守護神アキンフェエフを中心に粘り強い守備で相手の反撃を凌ぎ切って、プレーオフ進出に王手をかけた。

また、同じくリーグ上位ルートでの出場となったステアウア・ブカレスト(ルーマニア)vsビクトリア・プルゼニ(チェコ)は、2-2のドローに終わった。東欧の名門同士による一戦は、アウェイのビクトリア・プルゼニが2度に渡ってリードを奪うも、ホームのステアウア・ブカレストがいずれも追いつき試合は2-2でタイムアップ。それでも、アウェイゴール2つを奪ったビクトリア・プルゼニが優位に立って来週ホームで行われる2ndレグを迎えることになった。そのほかの試合結果および日程は以下の通り。

◆CL予備予選3回戦1stレグ
7/25(火)

カラバフ(アゼルバイジャン) 0-0 シェリフ(モルドバ)

スラビア・プラハ(チェコ) 1-0 BATEボリソフ(ベラルーシ)

AEKアテネ(ギリシャ) 0-2 CSKAモスクワ(ロシア)

ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) 2-2 ビクトリア・プルゼニ(チェコ)

バルダール(マケドニア) 1-0 コペンハーゲン(デンマーク)

パルチザン(セルビア) 1-3 オリンピアコス(ギリシャ)

7/26(水)
アスタナ(カザフスタン) vs レギア・ワルシャワ(ポーランド)

ディナモ・キエフ(ウクライナ) vs ヤング・ボーイズ(スイス)

ザルツブルク(オーストリア) vs リエカ(クロアチア)

ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) vs ルドゴレツ(ブルガリア)

ヴィトルル・コンスタンツァ(ルーマニア) vs アポエル(キプロス)

マリボル(スロベニア) vs ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド)

ニース(フランス) vs アヤックス(オランダ)

セルティック(スコットランド) vs ローゼンボリ(ノルウェー)

クラブ・ブルージュ(ベルギー) vs イスタンブール・バシェクシェヒル(トルコ)