ニューカッスルがドルトムントからU-21スペイン代表MFミケル・メリノ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得することが決定的となった。イギリス『スカイ・スポーツ』は同選手がニューカッスルのメディカルチェックを受診する見込みだと報じた。

昨夏、オサスナからドルトムントに加入したメリノだが、加入1年目は公式戦9試合の出場にとどまった。また、今夏の移籍市場でクラブはDFオメル・トプラクやDFダン=アクセル・ザガドゥー、MFモハメド・ダフードなど、メリノと同じポジションでプレーする新戦力を補強しており、昨シーズン同様に出場機会の減少が見込まれていた。

なお、ドルトムントは26日、クラブの公式ツイッターを通じて、「我々はミケル・メリノに他クラブとの交渉を許可し、チームを離脱させた」とコメントし、同選手がスイスでプレシーズンツアーを行うチームから離脱したことを明かした。

なお、今回のレンタル契約には700万ユーロ(約9億1000万円)前後の金額での買い取りオプションが含まれるようだ。