昨日行われたルヴァンカップのプレーオフ第2戦は、いずれもリーグ戦で上位にいるC大阪とFC東京が順当に札幌と広島を下してノックアウトステージ進出を決めた。興味深かったのはFC東京対広島戦で、FC東京は3−1−4−2の新システム、対する広島は新監督を迎え、ペトロヴィッチ監督や森保監督が11年採用してきた3−4−3から4−2−3−1に変更したこと。

今シーズンのJ1リーグで3バックを採用している広島や浦和は苦戦を強いられているだけに、FC東京の新システムがどれだけ機能するか注目したが、サッカーはシステムでプレーするのではないことを改めて痛感した。

ウイングバックの室屋と小川、インサイドハーフの橋本とユ・インスはボールを失うと前線から果敢な守備でボールを奪い返し、ショートカウンターを仕掛けた。守備では何回もスプリントして広島が得意とするカウンターを阻止。4人とも若くて運動量が豊富だからできたプレーだが、4−2−3−1のサイドバックやサイドハーフだと、プレーのスタート位置が低くなるため、より運動量が要求される。

そう思うと、篠田監督の新システム採用と選手起用はうまくマッチングしたと言える。

さて今週末からはJ1リーグが再開される。いよいよ神戸のルーカス・ポドルスキがデビューするかもしれないと思うと、ワクワクしてならない。

神戸といえば、オールドファンは元トルコ代表のイルハンを思い出すことだろう。2002年の日韓W杯で3位に貢献したイケメン選手だが、膝の負傷から3試合に出場しただけで、無断で帰国。移籍金5億、年俸3億とも言われた巨額の投資は水に捨てたようなものだった。

神戸にはそんな苦い経験があるものの、ポドルスキは確実に戦力アップにつながると期待している。なぜかというと、Jリーグにやってきたドイツ人選手はいずれもそれなりに結果を残しているからだ。生真面目な国民性と言ってもいいだろう。

ドイツ人選手はポドルスキで9人目だが、第1号のFWピエール・リトバルスキーはJリーグ元年の93年にジェフ市原(現ジェフ千葉)のエースとしてチームを牽引し、多くのファンを魅了した。チームメイトのFWフランク・オルデネビッツは94年に得点王を獲得。同時期に浦和に加入したMFウーベ・ラーンとMFミヒャエル・ルンメニゲも元ドイツ代表だったが、チームが最下位争いをしていたため、献身的なプレーはあまり評価されなかった。

しかし、その後浦和に加入したMFウーベ・バインはパサーとして福田正博の得点王獲得に貢献。DFギド・ブッフバルトは魂のこもった守備でチームを鼓舞し、浦和躍進のきっかけとなり、後年は監督として浦和に栄光をもたらした。

彼らの後に続いたのが横浜FCに加入した(2003年)FWディルク・レーマンと、C大阪でプレーした(2014〜15年)ブラジル生まれでドイツ代表のFWカカウだ。残念ながらレーマンは晩年での移籍のため12試合で1ゴールと結果を残せなかった。

しかし、ポドルスキはまだ32歳と現役バリバリ。コンディションさえ整えば、“違い”を見せてくれることだろう。神戸は彼と同時にFWハーフナー・マイクを獲得し、さらに鹿島FW金崎夢生もターゲットにしているという噂もある。親会社の楽天はバルセロナの胸スポンサーになり、Jリーグのeコマースのスポンサーにもなった。いよいよサッカーに本腰を入れてきたような印象を受けるだけに、今後の展開に期待したい。

これは余談だが、来日したドイツ人選手のうちリトバルスキー、ラーン、オルデネビッツ、バイン、レーマンの5人はいずれも1FCケルンに在籍経験があり、ポドルスキもケルンで頭角を現した。ケルンと言えば、日本人プロ第1号の奥寺康彦氏がデビューを飾ったチームでもある。何かしら日本とケルンは縁があるのかもしれない。
【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。