アジアサッカー連盟(AFC)は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の分配金の変更について発表した。

AFCの発表によると、TV放映権の拡大により、2018シーズンのACLからノックアウトステージへのボーナスを増額すると発表。ラウンド16以降の試合で勝利すると5万ドル(約555万円)、引き分けた場合は1万ドル(約111万円)がボーナスとして与えられることとなる。

さらに、優勝クラブには300万ドル(約3億3400万円)が賞金として支払われ、2位には150万ドル(約1億6700万円)が支払われることとなる。なお、これまでは優勝賞金が150万ドルだったため、賞金は倍増したことになる。