マラガは27日、アルゼンチンのバンフィールドからアルゼンチン人MFエマヌエル・チェッキーニ(20)を2022年までの5年契約で獲得したことを発表した。

セントラルMFを本職とする若きゲームメーカーは、中盤からの献身的なプレスも特長の1つ。また、ミドルシュートも得意としており、昨シーズンはリーグ戦21試合に出場し3ゴールをマークした。

なお、チェッキーニに関しては、インテルも獲得に動いていることが伝えられていた。