エバートンは27日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦1stレグでルジョムベロク(スロバキア)をホームに迎え、1-0で勝利した。

2017-18シーズン初の公式戦に臨むエバートンは、[4-3-3]のフォーメーションを採用。GKはステケレンブルフ、4バックは右からマルティナ、マイケル・キーン、アシュリー・ウィリアムズ、ベインズ。中盤はクラーセン、グイエ、シュナイデルランの3人。3トップにはカルバート=ルーウィン、ルーニー、ミララスが並んだ。

試合は地力に勝るエバートンが主導権を握る。28分、スルーパスでボックス右深くに侵入したカルバート=ルーウィンの折り返しからルーニーがチャンスを迎えるたが、これはシュートミスでチャンスを逃す。

さらに30分には、クラーセンがカルバート=ルーウィンとのワンツーでゴール右深くまで切り込みシュートを放ったが、これも右サイドネットに外れた。

ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアウェイチーム。57分、中盤で獲得したFKをゴール前に走り込んだヤン・マスロが頭で合わせるも、これはGKステケレンブルクが右手で弾き、クロスバーを直撃。

守護神のファインセーブでピンチを凌いだエバートンは、61分にカルバート=ルーウィンを下げて新加入のサンドロ・ラミレスを投入。すると65分、右CKのこぼれ球をボックス手前のベインズが左足でダイレクトシュート。これがボックス内の相手DFにディフレクトすると、ボールはそのままゴール右に吸い込まれた。

待望の先制点を奪ったエバートンは、82分にミララスを下げルックマンを、86分にクラーセンを下げてトム・デイビスを投入。その後も危なげない試合運びを見せたエバートンが1-0で勝利。ベインズ弾をきっちり守り抜きホームで先勝を飾った。

エバートン 1-0 ルジョムベロク
【エバートン】
ベインズ(後20)