バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(30)にセリエA復帰の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

かつてユベントスで成功を手にした闘争心溢れるダイナモをイタリアに連れ戻そうとしているのはインテル。今夏におけるトップターゲットに定めているようで、5000万ユーロ(約64億9000万円)のオファーを準備しているという。

ビダルとバイエルンの現行契約は2019年まで。バイエルン側はビダルに新契約を準備しているようだが、現在の給与を引き上げる予定がない。そこに目をつけたインテルは、ビダルの獲得にチャレンジの意向を示しているようだ。

ただ、インテルはビダル獲得交渉がうまくいかなかった場合、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ、同代表MFアンヘル・ディ・マリアの取引にシフトするプランも描いているとみられている。