今夏、レアル・マドリーからバイエルンに活躍の場を移したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(26)が離婚した。スペイン『マルカ』が報じている。

ハメスは、アーセナルに所属するコロンビア代表GKダビド・オスピナの妹であるダニエラ・オスピナ・ラミレスさんと2010年に結婚した。

しかし、ダニエラ・オスピナ・ラミレスさんは27日、自身のインスタグラム(daniela_ospina5)で、「6年半の結婚生活を経て離別を公表する」とハメスとの離婚を明かした。

また、両者の間には2013年に長女サロメちゃんが誕生している。ダニエラ・オスピナ・ラミレスさんは、離婚後も2人で愛娘を養育していくとしている。

今夏、出場機会を求めてレアル・マドリーから心機一転、バイエルン入りを果たしたハメス。プライベートでも、再スタートを図ることとなった。