メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは27日、ビジャレアルのメキシコ代表MFジョナタン・ドス・サントス(27)を完全移籍で獲得した。国際移籍証明書とP-1ビザ(スポーツ選手や芸能活動に必要なビザ)が取得でき次第、選手登録される。

ジョナタン・ドス・サントスは、バルセロナのカンテラ出身で、2012年7月にトップチームへ昇格。2014年7月にビジャレアルへと完全移籍していた。ビジャレアルでは、公式戦通算126試合に出場し7ゴール8アシストを記録。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで34試合に出場し2ゴール3アシスト、ヨーロッパリーグで8シアに出場し1ゴール1アシストを記録していた。

LAギャラクシーには、兄であり、同じバルセロナのカンテラ出身のメキシコ代表FWジョバンニ・ドス・サントス(28)が所属しており、バルセロナ、ビジャレアルに通じて自身3クラブ目でも兄とのタッグを組むことになった。

なお、LAギャラクシーは今シーズンのMLSのウェスタン・カンファレンスで現在9位と低迷。ファイナルシリーズのプレーオフ進出権が得られる6位のバンクーバー・ホワイトキャップスとは消化試合が1試合多い中、勝ち点差5となっている。