リバプールは、ライプツィヒに所属するギニア代表MFナビ・ケイタ(22)の獲得にラストスパートをかけるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。

かねてよりN・ケイタの獲得を熱望しているリバプール。先日、『スカイ・スポーツ』では、リバプールがこれまで3度のオファーを提示したものの、ライプツィヒに全て拒否されていたことが報じられた。また、イギリス『ガーディアン』によると、ライプツィヒ側は、同選手の放出に対して、7000万ポンド(約101億5000万円)の移籍金を要求しているとのことだ。

そんな中、『デイリー・ミラー』が伝えるところによると、リバプールはN・ケイタ獲得に向けて最後の策を準備している模様。来週にも7000万ポンド(約101億5000万円)を越えるオファーを提示するようだ。

2016年6月にザルツブルクからライプツィヒへ加入したN・ケイタは昨シーズン、ブンデスリーガで31試合に出場し、8ゴール8アシストを記録。ブンデスリーガ昇格初年度での2位躍進を支えた。