レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)は、3人いる子供をさらに増やす意向だ。スペイン『マルカ』が伝えた。

C・ロナウドは先月、アメリカ西海岸在住の女性による代理出産で誕生した双子の父親になったことが判明。同選手は未婚ではあるが、2010年に生まれた子供も含めて三児の父となった。しかし、C・ロナウドは現状に満足していないようだ。

ポルトガルメディアに応じたインタビューの中で、自身のレアル・マドリーでの背番号「7」にちなんで、7人の子供を育てる構想があることを明かした。

「息子が7人を望んでいるんだ。魔法の数字だからね。僕も息子(の意見)には大賛成だよ」