ヴァンフォーレ甲府は28日、MF道渕諒平(23)が暴行容疑で警視庁に逮捕されたことを明かし、クラブ公式サイトを通じて謝罪した。

甲府は、警察発表がされておらず詳しいことは把握していないとしながらも、事件の経緯を記載。記述によると、道渕は23日に東京都内で知人女性に対する暴行をはたらいたとして逮捕され、28日時点で拘留中とのことだ。甲府は、以下のような謝罪文を公式サイト上に掲載した。

「弊クラブ所属選手が警察に逮捕されるという事実が起きたことは誠に申し訳なく思っております。被害者の方に心よりお見舞いを申し上げます。そして、ヴァンフォーレ甲府を支えて下さるファン・サポーター、スポンサー、地域の皆様、またJリーグを支えて下さるすべての皆様に心よりお詫び申し上げます。処分については今後、事実関係のさらなる確認を行ったうえで、厳正に対応する方針です。また、このような問題が二度と起こらないよう、選手やスタッフに対する指導も徹底してまいります。皆様にご迷惑とご心配をおかけしましたことを重ねてお詫び申し上げます」

なお、道渕はベガルタ仙台の下部組織で育ち、明治大学を経て今シーズンから甲府に加入したルーキー。6月4日の古巣ベガルタ仙台戦に途中出場するなど、公式戦4試合に出場していた。