バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)がクラブでのトレーニングを放棄したようだ。スペイン『アス』が報じた。

ネイマールは今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が騒がれており、チームメイトや監督、会長など複数の関係者からの残留を望む声が、各紙を通じて伝えられてきた。移籍の鍵を握るであろうバルセロナの一挙手一投足に注目が集まる中、加熱する報道の当事者であるネイマールがフラストレーションを爆発させたようだ。

28日、バルセロナはチーム練習を行った。そこで、新加入のポルトガル代表DFネウソン・セメドからチャージを受けたネイマールが激昂。スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツに取り抑えられると、トレーニングビブスを地面に放り投げ、転がっていたボールを蹴り飛ばしながら、練習を飛び出したという。

『アス』は、ネイマールとPSGの合意報道がまもなく正式発表となることをバルセロナが覚悟している、とも報じている。