『ESPN』は、マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFマルアン・フェライーニ(29)が、トルコの名門ガラタサライへの移籍に近づいていると報じた。

フェライーニは、2013年の9月に2750万ポンド(現在のレートで約39億9600万円)でエバートンからユナイテッドに移籍し、チームにフィットした加入2年目の2014-2015シーズンにはプレミアリーグ27試合出場6得点を記録した。加入から昨シーズンまでの4シーズン通算では、公式戦133試合出場で15得点9アシストと安定してクラブに貢献している。

ユナイテッドは今年1月にフェライーニとの契約を1年間更新し、その期限は2018年6月30日までとなった。『ESPN』によると、同クラブ指揮官のモウリーニョ監督はユーティリティ性の高いフェライーニを高く評価しており、2019年6月までの契約を結ぶ意向だったが、選手側が単年での契約を望んだとのこと。

契約年数が残り1年を切ったこのタイミングで、ガラタサライがフェライーニの獲得に向けて動き出したようだ。『ESPN』は、ガラタサライのスポーツディレクターがトルコメディアに発したコメントを引用している。

「フェライーニはマンチェスター・ユナイテッドを去ることになるだろうね。そして今は私たちのレーダー(獲得リスト)に引っかかっているよ。サプライズが提供されると思う。フェライーニとは交渉中だ」

「私たちには、中盤で動けるフェライーニのような選手が必要なんだ」