ニースが、先日にガラタサライを退団したオランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル(33)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

『レキップ』の伝えるところによれば、今季ヨーロッパと国内リーグの二束のわらじを履くことになるニースは、コートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリの去就が不透明なこともあり、フリーで獲得可能なスナイデルの獲得を熱望しているという。

スナイデルの代理人を務めるグイド・アルバース氏は、「我々とニースのリーダーが交渉を行った事実はない。しかし、彼らからの関心は真実だ。今後の状況を見てみようじゃないか。彼にとってフリーという状況は大きなアドバンテージだ」とコメント。現時点で交渉の事実はないものの、移籍の可能性について含みを持たせた。

なお、ニースにはスナイデルのインテル時代の同僚である元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが在籍しており、数年ぶりの再会は実現するのか。

また、スナイデルに関してはニース以外にアメリカのメジャーリーグ・サッカーへの移籍が噂されている。