2017Jリーグ YBCルヴァンカップのノックアウトステージ組み合わせ抽選が31日に行われ、準々決勝4つの対戦カードが決定した。

セレッソ大阪のMF木本恭生は、「自分たちは“昇格チーム”」と謙虚な姿勢を見せながらも、リーグ戦での勢いそのままに、このカップ戦にもつなげたいと意気込みを示した。

MF木本恭生(セレッソ大阪)
──相手の印象は?
「(準々決勝で対戦する浦和レッズは)日本を代表する選手がたくさんいて、非常に攻撃的でボール回しがすごく上手い」

──昨年の王者に挑むことになったが、その点について
「自分たちは昇格してきたチームなのでチャレンジャー精神を忘れずに謙虚に戦っていきたいなというふうに思います」

──決勝に向けての意気込みを
「自分たちはリーグで良い順位にいますし勢いもあるので、その勢いをルヴァンカップにもつなげていきたいです」