2017Jリーグ YBCルヴァンカップのノックアウトステージ組み合わせ抽選が31日に行われ、準々決勝4つの対戦カードが決定した。

浦和レッズのMF武藤雄樹は、準々決勝の対戦相手である好調セレッソ大阪を警戒しつつ、「前大会王者として恥ずかしくない試合を」と意気込み。また、「決勝で笑えるように」と本拠地の埼玉スタジアム2002で行われる決勝に向けてモチベーションを高めた。

◆MF武藤雄樹(浦和レッズ)
──ドローが終わっての感想は
「去年僕が引いて優勝して、去年優勝した日に「来年もお前だな」と言われたので再来年も来られるように頑張りたいと思います」

──相手の印象は?
「すごく守備がしっかりしていて前線にもタレントが揃っているチームなので、すごく強いチームだと感じていますけど。負けないように頑張りたいと思います」

──Jリーグでは好調なC大阪とやる意味ではどういうところを警戒していますか
「すごく勢いのあるチームだと思いますし自信も持っていると思いますけど、僕たちも前回のチャンピオンとして恥ずかしくない試合をして、また優勝できるように頑張りたいと思っているので、この初戦がすごく大事だなと感じています」

──決勝に向けての意気込みを
「今チームが苦しい状況にありますけど、今年もタイトルを獲りたいと思っているので、まずはこのルヴァンカップでタイトルが獲れるように、また決勝が埼玉スタジアムなので必ずそこで浦和レッズが笑えるように頑張りたいと思います」