2017Jリーグ YBCルヴァンカップのノックアウトステージ組み合わせ抽選が31日に行われ、準々決勝4つの対戦カードが決定した。

ベガルタ仙台のMF佐々木匠は、対戦相手である鹿島アントラーズの勝負強さをリスペクトしながらも、グループリーグ首位通過の勢いそのままに戦うことを誓った。

佐々木匠(ベガルタ仙台)
オープンドローが終わっての率直な感想
「そうですね、暑かったです(笑)」

相手のチームの印象
「鹿島の選手たちは個の能力がすごく高いですし、それに加えて勝負強さも持ち合わせているので強いチームだと思います」

この後チームに戻って、チームメイトから何を言われると思いますか?
「『強いチームを引いてきたな』って言われると思います」

改めて決勝Tに向けて意気込みを
「ホーム&アウェイということで、戦い方がすごく大事になると思いますけど、僕たちはグループリーグで1位通過しているので、その勢いを全面に出して戦えればいいのかなと思います」