今夏、去就に揺れる元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)。イタリア『トゥット・スポルト』によると、同選手はミラン復帰を考慮しているという。

昨シーズン、パリ・サンジェルマンとの契約満了を経てマンチェスター・ユナイテッドに加入したイブラヒモビッチは、公式戦46試合に出場し28ゴールと、この歳になってもさすがの得点力を発揮。契約延長付きの1年間の契約で加入した同選手だったが、4月にヒザを負傷しクラブはこのオプションを行使せず、元スウェーデン代表FWは今夏フリーとなった。

そんな中、ロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍やユナイテッドとの再契約の噂が立っていたイブラヒモビッチだったが、『トゥット・スポルト』の記者アルベルト・パストレッラ氏によると、イブラヒモビッチは古巣ミラン復帰を考えているようだ。

イブラヒモビッチは2010年から2012年までミランに在籍。2010-11シーズンにはセリエA制覇とイタリア・スーペルコッパ優勝を果たしている。