フェイエノールトは7月31日、ワトフォードからオランダ代表MFスティーブン・ベルフハイス(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの4年間で、背番号は19を着用する。

ゴー・ア・ヘッド・イーグスルやトゥベンテの下部組織出身のベルフハイスは、2011年にトゥベンテでトップチームに昇格。しかし、トップチームでは出場機会に恵まれず、2012年1月にVVVフェンロへレンタル移籍すると、同年7月にはAZへ完全移籍。

AZでは3シーズン主力としてプレーし徐々に頭角を現すと、この活躍が認められ2015年7月にワトフォードへ加入。しかし、ワトフォードでは思ったような出場機会は得られず、公式戦わずか11試合の出場に留まる。さらに昨シーズンは、ワルテル・マッツァーリ新監督の下で構想外とされ、フェイエノールトへレンタル移籍。

しかし、フェイエノールトでは再び輝きを取り戻し、エールディビジで30試合に出場し7ゴール6アシストをマーク。18年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。また、2016年5月にはオランダ代表デビューを果たし、9試合に出場している。