欧州サッカー連盟(UEFA)は7月31日、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFフィル・ジョーンズ、オランダ代表DFダレイ・ブリントの両選手に対して、処分を科すと発表した。

両選手は、5月24日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝のアヤックス戦後、ドーピング検査で規則違反。ブリントに対して罰金5000ユーロ(約65万円)を科した一方で、担当者に暴言を吐くなどの敬意を欠く行為に及んだフィル・ジョーンズにおいては罰金5000ユーロ+2試合の出場停止処分を下した。また、クラブに対しても罰金1万ユーロ(約130万円)が科されている。

ユナイテッドは、コートジボワール代表DFエリック・バイリーにおいても、昨シーズンに行われたEL準決勝2ndレグのセルタ戦での暴力行為により、2試合の出場停止が確定済み。したがって、フィル・ジョーンズとバイリーは、8月8日に行われるスーパーカップのレアル・マドリー戦、チャンピオンズリーグのグループステージ第1節を欠場することが決まった。