リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、バルセロナ移籍報道に揺れるブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの放出を改めて否定した。クラブ公式サイトが伝えている。

今やリバプールにとって欠かせない選手へと成長を遂げたコウチーニョ。FWネイマールの流失が囁かれるバルセロナがトップターゲットに名前が挙げているとみられ、今夏の去就が騒がしくなりつつあるところだ。

しかし、以前にもコウチーニョ売却を否定したクロップ監督の姿勢は崩れていない。ドイツ人指揮官は、コウチーニョの去就について問われると、次のようにコメントしたという。

「もし『彼を売らない』と言ったら、どう解釈するんだ? 『ない』という言葉に解釈の余地はないんじゃないか。新しいことは何もないよ」