バルセロナは、ブラジル代表FWネイマール(25)のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍に乗じて、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(24)の差し出しを求めるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

今夏、契約解除金2億2200万ユーロ(約289億4000万円)のネイマールにPSG移籍の可能性が高まっているバルセロナ。しかし、税金を合わせると総額3億ユーロ(約390億6000万円)にも及ぶ取引になるようで、そうしたPSGの動きをゆゆしき事態と見たバルセロナは、欧州サッカー連盟(UEFA)などへの訴えも辞さない構えだという。

さらに、『マルカ』は、バルセロナがそういったPSGの弱みを駆け引きの材料に、以前から関心を寄せているとされるヴェッラッティとネイマールのトレード案を画策していると報道。PSGがその条件を受け入れるのであれば、バルセロナはネイマール売却額である3億ユーロの値下げにも応じる意向を示しているとのことだ。