フィオレンティーナのウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノ(25)が、インテル移籍で合意に達したようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。

『スカイ・スポーツ』によると、ヴェシーノは7月31日の夕方にミラノに到着。1日にメディカルチェックを受けるとのこと。インテルとは年俸250万ユーロ(約3億2500万円)の4年契約を結ぶとしており、肖像権などが加味され年俸は300万ユーロ(約3億9000万円)まで上がる契約とのことだ。

また、ヴェシーノの移籍金は2400万ユーロ(約31億2700万円)とのことで、インテルはフィオレンティーナに対して2年間で1200万ユーロずつ支払うとのことだ。

ヴェシーノは、2013年1月にウルグアイのナシオナルからフィオレンティーナへと移籍。カリアリやエンポリへのレンタル移籍を経験し、2015年6月からフィオレンティーナでプレー。2016-17シーズンは、セリエAで31試合に出場し3ゴール4アシスト、ヨーロッパリーグでは7試合に出場し1ゴールを記録していた。また、ウルグアイ代表としても13試合に出場し1ゴールを記録している。