浦和レッズは1日、ポルトガル1部のマリティモからブラジル人DFマウリシオ・アントニオ(25)の加入が内定したことを発表した。

マウリシオ・アントニオは、ブラジルのジュベントスでキャリアをスタート。2014年7月にポルティモネンセへと移籍。2015年7月にはポルトのBチームへとレンタル移籍を経験した。2016年2月からマリティモに加入し、ポルトガル・プリメイラリーグで12試合に出場。2016-17シーズンはリーグ戦28試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。今シーズンはヨーロッパリーグの予備予選3回戦のボテフ・プロヴディフ戦にキャプテンとしてフル出場している。

また、世代別のブラジル代表を経験し、U-15、U-17ブラジル代表歴がある。マウリシオ・アントニオはクラブを通じてコメントしている。

「このたびは、日本のトップクラブである浦和レッズのユニホームを着られることになり、大変名誉なことだと思っています。チームのために全力で戦い、自分のベストを尽くすことを約束します」

「本来の浦和レッズにふさわしいJリーグでのポジションをいち早く取りもどし、多くのタイトルに貢献する事が、私の目標です。テレビで浦和レッズの中継を見るたびに、世界でもトップクラスのファン・サポーターがいて、その魅力と迫力に圧倒されます。そして私が、そんな美しいビッククラブの一員として戦うことをとても光栄だと思いますし、うれしく思っています」