リバプールは1日、イングランド人GKシャマル・ジョージ(19)と新契約を締結したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。

リバプールのアカデミー出身のジョージは、トップチームデビューこそ飾っていないものの、リザーブチームで安定したパフォーマンスを継続している将来性豊かな若手GK。

また、昨夏のプレシーズンマッチのハダースフィールド戦ではフィールドプレーヤーの交代枠を使い切った中、MFルーカス・レイバ(現ラツィオ)の負傷により、10人での戦いを強いられたチームで、急きょストライカーとしてプレーする、“二刀流”が大きな話題になっていた。

なお、リバプールとの新契約にサインしたジョージだが、来年1月までリーグ2(イングランド4部)に所属するカーライル・ユナイテッドに半年間のレンタルで加わることになった。