ギャンガンは1日、先日スウォンジーを退団したフランス人MFフランク・タバヌ(28)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。

プロキャリアをスタートしたトゥールーズやサンテチェンヌで飛躍を遂げた左サイドのスペシャリストであるタバヌは、2015年にスウォンジーに完全移籍。だが、フィジカル重視のイングランドのスタイルに馴染めず、2015-16シーズン途中に古巣サンテチェンヌにレンタル移籍した。その翌年にはグラナダにレンタル移籍で加入したものの、リーグ戦7試合出場にとどまっていた。

スウォンジー加入時に2018年までの3年契約を結んでいたタバヌだが、今年6月に双方合意の下で契約を解消。そして、母国のギャンガンでキャリアをリスタートすることになった。