チェルシーは2日、クロアチア代表MFマリオ・パシャリッチ(22)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。そして、スパルタク・モスクワへレンタル移籍することを併せて発表している。期間は1年間となっている。

2014年夏にハイデュク・スプリトからチェルシーに加入したセントラルMFのパシャリッチは、チェルシーでのプレー経験がないままエルチェやモナコ、ミランにレンタル移籍していた。2016-17シーズンはミランで準主力として活躍し、セリエAで24試合に出場して5ゴールを決めていた。

移籍先のスパルタク・モスクワは昨季のロシア王者であり、チャンピオンズリーグ出場が決まっている。