マンチェスター・ユナイテッドは2日、プレシーズンマッチでサンプドリアとアイルランドのダブリンで戦い、2-1で勝利した。

インターナショナル・チャンピオンズカップを戦い終え、3日前にバレレンガとのプレシーズンマッチを3-0と快勝したユナイテッドは、新戦力のマティッチが初先発となった。

スモーリングを中央に据える3バックを採用したユナイテッドが立ち上がりから主導権を握る中、9分にピンチ。ボックス内での間接FKを与えてしまうが、これを凌いだロングカウンターから先制ゴールを奪った。人数をかけて敵陣に攻め入ると、ボックス左のダルミアンのクロスを最後はムヒタリャンがヘディングで押し込んだ。

その後も攻勢に出るユナイテッドは22分にバレンシアの右クロスをムヒタリャンがダイビングヘッドで合わせて枠を捉えるも、GKプッジョーニの好守に阻まれる。続く24分には右サイドから中へ切れ込んでボックス内に侵入したルカクがシュート。しかし、わずかに枠の左に外れた。

ハーフタイムにかけてもサンプドリアに付け入る隙を見せなかったユナイテッドは、36分にバレンシアの右クロスにムヒタリャンがヘッドで合わせたが枠の左に外れ、前半は1点のリードで終了した。

後半からムヒタリャンら4選手を交代したユナイテッドが引き続き主導権を握る展開としたが、63分に失点する。左クロスがルーズとなったボールをプラエトにミドルシュートで叩き込まれた。

その後、77分にGKデ・ヘアら4選手を交代したユナイテッドは81分に勝ち越す。マルシャルが左サイドをドリブルで仕掛けてラストパスを送ると、最後はボックス中央のマタが正確にゴール左へ流し込んだ。

勝利したユナイテッドは8日にレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップを戦う。