バイエルンは2日、今夏加入のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが右足大腿部の負傷により、数週間の離脱と診断されたと発表した。

ハメスは、1日にバイエルンの本拠地アリアンツ・アレーナで行われたアウディカップのリバプール戦に先発。しかし、この試合で負傷交代した。

また、バイエルンはスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ、オーストリア代表DFダビド・アラバの負傷も併せて報告している。

カルロ・アンチェロッティ体制2シーズン目を迎えるバイエルンは、ブンデスリーガ開幕を告げる5日のDFLスーパーカップでドルトムントと対戦する。