マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、確実視されるバルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍に口を開いた。イギリス『テレグラフ』が報じている。

ネイマールは2日、バルセロナに対して退団を表明。移籍先として有力視されてきたPSGがバルセロナに契約解除金2億2200万ユーロを支払うことで、ネイマールのパリ行きを実現させるとみられている。モウリーニョ監督は、次のようにコメントした。

「我々もポール(・ポグバの獲得)に高価を支払った。そのとき、私は高い買い物ではないと言った。クオリティがなければ高い買い物と言わざるを得ないが、ネイマールも(ポグバと)同様のことが言える。彼の2億ポンドは高いとは思わない」

「高いと感じるのは、1億ポンドの選手が増えたり、6000万ポンドや8000万ポンドの値打ちがつく選手が増えたときだろう。ネイマールは世界最高の選手だから、商業的にも問題ない。パリ・サンジェルマンがそれを見込んでいるのは確かだ」