パリ・サンジェルマンは3日、バルセロナからブラジル代表FWネイマール(25)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの5年契約で背番号は10を着用する。

なお、『ESPN』によれば移籍金は、昨夏マンチェスター・ユナイテッドに1億500万ユーロ(約137億円)で加入したフランス代表MFポール・ポグバの金額を抜き、史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円) とのことだ。

2013年の夏にサントスからバルセロナに加入したネイマールは、在籍4シーズンで公式戦186試合に出場し105ゴール80アシストをマーク。加入初年度から主力として活躍すると、2度のリーガエスパニョーラ優勝や、1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々の栄冠を経験した。

PSGへの加入が決まったネイマールは、クラブの公式サイトで次のように語った。

「パリ・サンジェルマンに加入できて僕はとても満足している。僕がヨーロッパに来た時からPSGは常に競争力があり、とても野心的なクラブだった。そしてPSGの野心が僕を魅了したんだ」

「僕は欧州の舞台で4シーズンプレーしてきて、新たな挑戦の準備が出来ていると感じていた。新しいチームメートと、ファンが望むタイトルを獲得するために戦うのは、最高のモチベーションだね。僕はチームメートと共にクラブを新たなステージへと押し上げ、世界数百万人のサポーターを幸せにするために全力を尽くすよ」