エバートンは3日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦2ndレグでルジョムベロク(スロバキア) とのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-0でエバートンが予選プレーオフ進出を決めた。

ホームで行われた1stレグで先勝したエバートンは、前回対戦からスタメンを4人変更。GKステケレンブルフやマルティナ、カルバート=ルーウィン、ミララスに代えてGKピックフォードやジャギエルカ、サンドロ・ラミレス、トム・デイビスを起用。[3-4-3]の布陣を採用し3トップは右からS・ラミレス、クラーセン、ルーニーと並べた。

エバートンは開始早々の5分にセットプレーからピンチを招くが、ニアに走り込んだカルジラクのヘディングシュートは枠を外れた。ピンチを凌いだエバートンは、パスワークからルーニーやS・ラミレスに決定機が生まれたものの、枠内シュート1本とやや攻め手を欠いた前半はゴールレスで終了した。

後半に入ってもなかなかチャンスを作り出せないエバートンは、69分にS・ラミレスを下げてカルバート=ルーウィンを投入。すると80分、クラーセンのパスを中盤で受けたカルバート=ルーウィンがドリブルで持ち上がり、ボックス手前からシュートをゴール左隅に流し込んだ。

結局、このゴールが決勝点となり、エバートンが1stレグに続き連勝。2戦合計2-0でエバートンがEL予選プレーオフ進出を決めた。

ルジョムベロク(スロバキア) 0-1(AGG:0-2) エバートン(イングランド)
【エバートン】
カルバート=ルーウィン(後半35)