日本サッカー協会(JFA)は3日、今月8日から3日間にわたって愛知県名古屋市で行われるフットサル日本代表候補トレーニングキャンプの参加メンバー18名を発表した。

今回のメンバーでは、矢板中央高で2年生ながらにレギュラーとして活躍し、第88回全国高等学校サッカー選手権大会で3位入賞に貢献したエスポラーダ北海道のGK三浦拓が初めて選出されている。

その他、Fリーグで暫定首位に立つ好調の湘南ベルマーレからはFP上村充哉、FP植松晃都が選出。またFP諸江剣語、FP宮崎暁、FP田村佳翔、FP清水和也の4選手が選ばれフウガドールすみだと、GKピレス・イゴール、FP森岡薫、FP室田祐希、FP原辰介の4名が選出されたペスカドーラ町田が最多選出となっている。

招集メンバーは8日午後からトレーニングを開始。9日は2部練習を行い、10日の午前練習終了後に解散となる。今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆フットサル日本代表候補メンバー
GK
ピレス・イゴール(ペスカドーラ町田)
藤原潤(バルドラール浦安)
三浦拓(エスポラーダ北海道)

◆FP
森岡薫(ペスカドーラ町田)
星翔太(バルドラール浦安)
渡邉知晃(府中アスレティックFC)
皆本晃(府中アスレティックFC)
諸江剣語(フウガドールすみだ)
宮崎暁(フウガドールすみだ)
前鈍内マティアスエルナン(アグレミーナ浜松)
加藤竜馬(バルドラール浦安)
森村孝志(バサジィ大分)
田村佳翔(フウガドールすみだ)
室田祐希(ペスカドーラ町田)
原辰介(ペスカドーラ町田)
上村充哉(湘南ベルマーレ)
清水和也(フウガドールすみだ)
植松晃都(湘南ベルマーレ)

※日本代表候補トレーニングキャンプに初選出