ガンバ大阪は4日、FW呉屋大翔が3日の練習中に負傷し、左肩関節脱臼で全治2カ月の見込みと診断されたと発表した。

2016年に関西学院大学からG大阪に入団した呉屋は、ルーキーイヤーの昨シーズン、明治安田生命J1リーグ14試合1得点を記録。しかし、シーズン終盤に負ったケガを皮切りに故障が相次ぎ、今シーズンはここまでJ1リーグ4試合の出場にとどまっている。

G大阪は、J1リーグ19試合終了時点で暫定3位に位置。5日に行われるJ1リーグ第20節では、ヴァンフォーレ甲府とのアウェイゲームに臨む。