モナコは4日、リーグ・アン開幕戦でトゥールーズをホームに迎え、3-2で勝利した。

先週行われたパリ・サンジェルマンとのトロフェデ・シャンピオンを0-2と敗れた昨季リーグ・アン王者のモナコが、昨季13位のトゥールーズをホームに迎えた一戦。

PSG戦のスタメンからモウティーニョとジェメルソンが先発に名を連ねるなど3選手を変更したモナコは、バルセロナやレアル・マドリーへの移籍が噂されるムバッペがファルカオと2トップを形成した。

そのモナコは6分、先制を許す。左CKの流れからボックス右のマシャクにゴール左へボレーシュートを蹴り込まれた。

その後はモナコが反撃に転じ、敵陣でのプレーを続けていくと、28分に試合を振り出しに戻した。モウティーニョの左CKをジェメルソンが打点の高いヘディングシュートでゴール右に流し込んだ。ハーフタイムにかけてもモナコが攻勢に出る展開となったが、逆転ゴールを奪うには至らず前半を終えた。

迎えた後半、開始4分にルマールの直接FKでゴールに迫ったモナコだったが、53分にドゥロールにミドルシュートを決められ、勝ち越しを許してしまう。

失点を受けてモナコはR・ロペスに代えてカリージョを投入。すると58分、ジョルジの左クロスをファーサイドのファルカオがヘッドで押し込み、2-2のタイとした。

そして70分、中央からのモウティーニョのFKをゴール前のグリクが頭でねじ込み、逆転に成功。その後、75分に右ヒザを痛めたムバッペを温存させたモナコは、1点をリードしたまま3-2で勝利。

モウティーニョの2アシストの活躍でモナコが開幕戦を勝利で飾っている。