レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)がマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を希望しているかもしれない。

レアル・マドリーの補強に関しては、スペイン『マルカ』が先日、獲得を狙うモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペの引き入れに成功する場合、ベイルの放出に動く可能性を報じていた。

スペイン『Don Balon』によれば、ベイルも移籍を考えている模様で、関心が噂されるマンチェスター・ユナイテッド行きを希望しているとのこと。同メディアによれば、世界的なSNSアプリである『Whatsapp』で、ベイルはレアル・マドリーで唯一の友人であるMFルカ・モドリッチにその旨を伝えたという。

ムバッペ、そしてベイルが移籍するとなれば、動く移籍金も大きなものとなる。バルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したFWネイマールに続くビッグディールがまだ控えているのだろうか。