トリノは5日、リヨンからカメルーン代表DFニコラ・エンクル(27)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

2011年にマルセイユに加入して以降、同クラブのディフェンスリーダーとして活躍してきたエンクルだが、昨夏国内のライバルであるリヨンに4年契約で加入。しかし、DFエマヌエル・マンマナ(現ゼニト)とDFムクタル・ディアカビという伸び盛りの若手センターバックとのポジション争いに敗れ、昨シーズンはリーグ戦13試合の出場にとどまるなど、思うようなシーズンを送ることができなかった。

それでも、カメルーン代表として通算72キャップを誇り、昨夏にはナポリやローマも獲得に関心を示した百戦錬磨のセンターバックの加入は、トリノにとって大きな補強となりそうだ。